今週おすすめの一冊

【No.157】〜不思議な南の島にとり憑かれる、色鮮やかで神秘的な7つの物語〜 『南の子供が夜いくところ』 恒川 光太郎(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『南の子供が夜いくところ』恒川 光太郎(著)

不思議な南の島を舞台に描かれた短編小説集。

他の”和テイスト”な作品とは少し異なる、神秘的な雰囲気漂う作品です。

これまで読んだ作品の中で、一番不思議な物語だったかも?

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥704 (2022/10/06 03:27:50時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍はこちら⬇︎

created by Rinker
¥638 (2022/10/06 03:27:50時点 楽天市場調べ-詳細)

本の概要(あらすじ)

「一人でずっと寂しかったの。これであなたも、果樹の巫女になるのよ」

 

一家心中の運命から逃れた少年・タカシは、不思議な南の島へと辿り着いたーー。

 

果樹の巫女と呼ばれた、呪術師・ユナ。

 

町の十字路に立つ謎のピンクの廟。

 

半分植物のような姿でまどろむ元海賊。

 

フルーツ頭の人々が住む町。

 

南洋の島を舞台に描かれた、神秘的で色鮮やかな悪夢の物語。

3つの特徴

連作短編小説

『トロンバス島』という南洋の島を舞台に描かれた、7つの短編小説集。

表題作『南の子供が夜いくところ』の登場人物であるタカシとユナを中心とした、連作短編小説と言ってもいいかもしれません。

ただ、各話に関連性はあるものの、そこまで強くリンクしているわけではなく。

<同じ枠の中にある単体の物語の集まり>といった感じ。

それぞれに個性があり魅力的な物語たちですが、全体としてみると少しまとまりに欠けているのかも。

そこが好みの分かれるところかもしれません。

7つの物語

借金を苦に一家心中を決意する両親から逃れ、南の島へと連れられた少年タカシ。

タカシが経験した不思議な島での生活を描いた物語『南の子供が夜いくところ』を始まりに、

  • 「紫焔樹の島」
  • 「十字路のピンクの廟」
  • 「雲の眠る海」
  • 「蛸漁師」
  • 「まどろみのティユルさん」
  • 「夜の果樹園」

と物語は展開していきます。

二話目『紫焔樹の島』はタカシを救った呪術師・ユナの物語で、一話目から二話目の流れが一番自然でスッと入ってきました。

三話目から先は時間や場所を自由に行き来するので、少し混乱することも。

初めから状況を把握しようとせず、とりあえず流れに任せて読み進めてみたほうがいいかもしれません。

どれも個性的で印象に残っていますが、個人的には一・二話目と最後の物語『夜の果樹園』がお気に入り。

最終話は「果実の頭部を持つ人々(マンゴーとかりんごとか)の住む町」を舞台にした物語なのですが、突拍子もなく登場したフルーツ頭に思わず笑ってしまいました。

「マンゴー頭の親子?あぁ、被り物か・・・・・・ん?え?ほんとにマンゴー・・・?いやいや、主人公もマンゴーに釘付けになってるやん・・・」

という感じで、想像するとあまりにシュールな絵面でおかしくて。

最初に登場するのがりんごや桃ではなく、”マンゴー”というのも絶妙です。(個人的見解)

フルーツ頭が残虐に殺されるシーンなんかもありますが、彼らから流れるのは血ではなく果汁なので、グロテスクなようなそうでもないような。

個人的にかなりツボでした。

どれも個性が強くて不思議な物語たちです!

独特な世界観

恒川さんといえば<和テイスト>な雰囲気が特徴ですが、本作はほんのりと<洋テイスト>が漂う雰囲気でした。

『夜市』や『秋の牢獄』のノスタルジックな世界観とは一変し、色鮮やかで変貌自在な、どことなく神話的で御伽噺のような世界観。

摩訶不思議な島に迷い込んでしまったかのような、どこか足元がおぼつかない感覚にも陥りました。

正直不思議すぎてあまり理解できていない部分もあります(笑)

かなり独特で個性的なので向き不向きはあると思いますが、気になった方はぜひ読んでみてください!

本の感想

これまで何冊か恒川さんの作品を読んできましたが、本作は一番読むのに時間がかかりました。

 

サクサクと読み進めるのは難しいので、じっくりと想像しながら不思議な世界を堪能することをお勧めします。

 

気軽に読みたいときには不向きなのでご注意を。

 

本作はこれまでで一番「怖さ」を感じた作品でもあって、直接的な恐怖というよりも、得体の知れない不気味な恐ろしさが漂っている感じ。

 

南の島特有のトロピカルな鮮やかさが、より一層不思議で不気味で残酷な世界観を際立たせているような気がしました。

 

個人的には好きですが、他の作品と比べると多少読みづらさを感じたので、恒川さん初心者の方は先に『夜市』あたりから読んでみるといいかもしれません。

 

その後でこちらもぜひ読んでみてくださいね。(特に『夜の果樹園』を)

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥704 (2022/10/06 03:27:50時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍はこちら⬇︎

created by Rinker
¥638 (2022/10/06 03:27:50時点 楽天市場調べ-詳細)

この本の総評

読みやすさ
(3.0)
ホラー
(4.0)
不思議
(5.0)
読後感
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

恒川光太郎さんの他の作品

✳︎ホラー小説が苦手な方にもおすすめ!懐かしい雰囲気漂う、儚く美しい物語⬇︎

【No.138】〜どこか懐かしさ漂う、切なくも美しい物語〜 『夜市』 恒川 光太郎(著)

✳︎冒険心くすぐられる、壮大な異世界ファンタジー第一弾⬇︎

【No.141】〜壮大な異世界ファンタジーシリーズ第一弾!〜 『スタープレイヤー』 恒川 光太郎(著)

✳︎違う切り口から新たに描かれた、異世界ファンタジー第二弾⬇︎

【No.142】〜異世界ファンタジーシリーズ第二弾!〜 『ヘブンメイカー』 恒川 光太郎(著)

✳︎秋に読みたい!”閉じ込められた”人たちを描いた、3つの不思議な物語⬇︎

【No.156】〜”閉じ込められた人たち”を描いた、秋に読みたい3つの物語〜 『秋の牢獄』 恒川 光太郎(著)

✳︎変貌自在な6つのダークファンタジー⬇︎

【No.159】〜恒川ワールドが凝縮された、変貌自在なダークファンタジー!〜 『無貌の神』 恒川 光太郎(著)

 

書籍をお得に買うには

 

Amazonでちょっとでもお得に書籍を購入するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめです。

現金でチャージするたびにチャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

今なら初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンがありますよ♪

 

ここをクリック

 

公式サイトはこちらから

 

※5千円以上の初回チャージで1000ポイント付与

※クレジットカード・電子マネー払いは対象外

 

 

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥704 (2022/10/06 03:27:50時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍はこちら⬇︎

created by Rinker
¥638 (2022/10/06 03:27:50時点 楽天市場調べ-詳細)