YouTubeはじめました♪

【No.137】〜深紅色の世界で繰り広げられる、超凶悪なサバイバルホラー!〜 『クリムゾンの迷宮』 貴志 祐介(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『クリムゾンの迷宮』 貴志 祐介(著)

貴志さんの作品の中でも、特に人気の高い一冊。

ゲーム要素を取り入れたライトノベルのような作品なので、とても読みやすいと思います。

戦慄なバトルロイヤルに、ハラハラが止まらない!

最後まで一気に読んでしまいました!

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥748 (2021/06/20 09:55:10時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍はこちら⬇︎

created by Rinker
¥726 (2021/06/19 20:33:16時点 楽天市場調べ-詳細)

本の概要(あらすじ)

「火星の迷宮へようこそ」

 

目が覚めたとき、藤木は唖然とした。

 

眼前に広がっていたのは、一面鮮やかな深紅色に染まった、異様な世界。

 

ここはどこだ?なぜ自分はこんなところにいる?

 

何も思い出せない藤木は、傍にあった携帯ゲーム機の電源を入れた。

 

すると、安っぽいファンファーレとともに画面いっぱいの文字が。

 

「ゲームは開始された。無事に迷宮を抜け出てゴールを果たした者は、地球に帰還することができる」

 

戦慄のデスゲームが今、始まろうとしていたーー

 

3つの特徴

デス・ゲーム

目が覚めると、そこは現実とは思えない異様な世界。

状況は全く飲み込めず、近くにあったのは僅かな水と食料と携帯用ゲーム機のみ。

電源を入れたゲーム機の画面には「火星の迷宮へようこそ」という文章が表示され、こう続く。

ゲームは開始された。

無事に迷宮を抜け出て、ゴールを果たした者は、約束通りの額の賞金を勝ち取って、地球に帰還することができる。

という、好奇心をそそられるような序盤から物語は始まります。

つまりは、非現実的な状況に放り込まれて、デスゲームをさせられるわけです。

初版は1999年。

今でこそわりとベタな設定に思えますが、当時ではまだ画期的な作風だったのかもしれませんね。

セオリー通りの展開ではあるものの、それ故に純粋にゲームのような世界観を楽しめると思います。

こういった設定が好きな人にはたまらないね!

サバイバルホラー

王道のデスゲームではあるものの、そこにサバイバルとホラーが加わって読み応えのある内容になっています。

ホラーと言ってもオカルト系ではなく、恐怖の対象は人間。

極限状態の中で見えてくる人間の本質に、ゾッとさせられます。

主人公の他に、ゲームのプレイヤーは8人。

もちろん協調してゲームクリアを目指すなんてことはなく、文字通りのデスゲームが繰り広げられるわけです。

2,3人の組に分かれて、東西南北のルートからゴールを目指すプレイヤーたち。

サバイバルのためのアイテムを求める者は東へ、護身用のアイテムを求める者は西へ、食糧を求める者は南へ、情報を求める者は北へ進め。

主人公の藤木は、最初に出会った女性・藍と共に北のルートを目指したが・・・?

この最初の選択が、実は一番重要な分かれ道に!

生々しい描写

デスゲームなのである程度の想像はつくかもしれませんが、グロテスクな描写も所々にあります。

とはいえ、私は大事な感覚が欠落してしまったのか、あまりグロテスクには感じませんでした。

苦手な人は苦手だと思うので、ご注意を。

グールと化した人間は、もはや外見も中身も人間とは似ても似つかないものになっていて。

彼らにじりじりと追い詰められていく場面では、こちらも手に汗握りました。

他の作品もそうですが、貴志さんは本当に人間を追い詰めるのが上手ですね。

本の感想

SF感のあるサバイバルホラー小説。

 

米澤穂信さんの『インシテミル』やスーザン・コリンズの『ハンガーゲーム』など、デスゲーム系の話が好きな方はハマると思います。

 

(なんとなく『ライアーゲーム』や『カイジ』っぽい雰囲気もあります。)

 

『天使の囀り』や『ISOLA』などに比べるとエンタメ性が強く、貴志さんの作品の中ではかなり読みやすい部類です。

 

専門知識や細い説明もほどほどに抑えられているので、とにかくストーリー展開を楽しみたい方向け。

 

読み始めると、最後まで一気に読んでしまいます。

 

ただ、個人的にはラストが今ひとつ物足りない気が。

 

風呂敷を広げたままヌルッと終わるので、スッキリしないと感じる方も多そうです。

 

こういったエンタメ重視の作品では、細かい設定を気にするものではないのかもしれませんが。

 

終わり方に関しては、好みが分かれるところかなと思いました。

 

とはいえ、ぜひ一度は読んでみて欲しい作品。

 

ハラハラドキドキが止まらないデスゲームをお楽しみください!

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥748 (2021/06/20 09:55:10時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍はこちら⬇︎

created by Rinker
¥726 (2021/06/19 20:33:16時点 楽天市場調べ-詳細)

この本の総評

読みやすさ
(5.0)
展開
(4.0)
ホラー
(3.0)
サバイバル
(4.0)
総合評価
(4.0)

貴志祐介さんの作品

*多重人格障害をテーマに描かれた、驚愕のデビュー作⬇︎

【No.21】~わたしが話しているのは誰?衝撃のラストに震撼する~ 『十三番目の人格 ISOLA』 貴志 祐介(著)

*“防犯探偵榎本シリーズ”1作目⬇︎

【No.109】〜“防犯探偵シリーズ第一弾” オフィスビルで起きた密室事件の謎を暴け!〜 『硝子のハンマー』 貴志 祐介(著)

*“防犯探偵榎本シリーズ”2作目⬇︎

【No.110】〜“防犯探偵シリーズ第二弾” 旧家で起きた少女殺人事件の謎を暴け! 〜 『狐火の家』 貴志 祐介(著)

*“防犯探偵榎本シリーズ”3作目⬇︎

【No.111】〜“防犯探偵シリーズ第三弾” 自殺?計画殺人?最高難度の密室事件を暴け! 〜 『鍵のかかった部屋』 貴志 祐介(著)

*人間の心に潜む「恐怖心」をテーマに描かれた作品⬇︎

【No.132】〜頻発する不可解な事件と舞い降りた天使。前人未到のサスペンス・ホラー!〜 『天使の囀り』 貴志 祐介(著)

*生命保険をテーマに描かれた、サイコパスホラー⬇︎

【No.133】〜人間の狂気に震えが止まらないサスペンスホラー!〜 『黒い家』 貴志 祐介(著)

 

書籍をお得に買うには

 

Amazonでちょっとでもお得に書籍を購入するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめです。

現金でチャージするたびにチャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

今なら初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンがありますよ♪

 

ここをクリック

 

公式サイトはこちらから

 

※5千円以上の初回チャージで1000ポイント付与

※クレジットカード・電子マネー払いは対象外

 

 

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥748 (2021/06/20 09:55:10時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍はこちら⬇︎

created by Rinker
¥726 (2021/06/19 20:33:16時点 楽天市場調べ-詳細)