YouTubeはじめました♪

【No.110】〜“防犯探偵シリーズ第二弾” 旧家で起きた少女殺人事件の謎を暴け! 〜 『狐火の家』 貴志 祐介(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『狐火の家』 貴志 祐介(著)

『硝子のハンマー』を読了後、すぐにシリーズ二作目の本書を読んでみました。

前作はひとつの物語でしたが、今作は4つの事件からなる連作短編小説。

ボリューム感は前作ほどではないので、気軽に読みたい方はこちらもおすすめです。

次はシリーズ三作目『鍵のかかった部屋』を読むよ!

 

電子書籍はこちら⬇︎

本の概要(あらすじ)

「あの家は、正真正銘の密室だったからです」

 

長野県にある古い日本家屋で起こった、殺人事件。

 

被害者は、この家に住む中学三年生の長女・愛実。

 

柱に頭をぶつけた際に起こした脳内出血が死因だと推定されている。

 

現場はほぼ密室で、侵入経路も脱出経路も未だ不明のまま。

 

第一発見者の父親が容疑者として捕まったが・・・?

 

弁護士×防犯コンサルタントコンビの密室破り、再び!

3つの特徴

4つの事件

今回は4つの事件を描いた短編小説になっています。

  1. 狐火の家
  2. 黒い牙
  3. 盤端の迷宮
  4. 犬のみぞ知る(Dog knows)

それぞれの事件の簡単なあらすじは下記のとおりです。

<狐火の家>

長野の旧家で起こった、長女殺害事件。ほぼ密室の現場からは、犯人が出入りした証拠は何も出てこなかった。

一方東京でも、長野の事件に関連する密室殺人事件が起こって・・・?

 

<黒い牙>

亡くなったのは和菓子屋の御曹司。死因は、飼っていた毒蜘蛛に咬まれたことによる呼吸麻痺。現場は完全な密室。

警察は事故として処理していたが、純子はある矛盾に気づき、榎本の助言を得ながら事件を解明していく。

 

<盤端の迷宮>

新宿のホテルで発見された死体。被害者は、日本将棋連盟の棋士。背後から刺殺されていたのを、ホテルマンが発見したのだ。

部屋には鍵とチェーンがかかっていて、現場は完全なる密室。榎本は被害者の恋人である女性棋士とともに、事件の真相を探っていく。

 

<犬のみぞ知る(Dog knows)>

とある劇団員の座長が、何者かに撲殺されていた。凶器は一升瓶。容疑者として疑われているのは、アリバイのない三人の劇団員だった。

劇団員のひとりから依頼を受け、事件現場へ足を運んだ純子。鍵を握るのは、どうやら番犬のようで・・・?

<犬のみぞ知る>には、『硝子のハンマー』に登場したある人物が再登場しますよ!

さまざまな密室

趣向を凝らした4つの密室事件。

なんとなく予想がついたものもありますが、全然見破れなかったものもありました。

毎回着眼点が異なるので、飽きずに楽しむことができます。

仮説を立てて検証して、という過程は今作も変わらず。

ただ、純子が仮説を立てて榎本さんが否定して、の繰り返しが多くてちょっと単調だなと思いました。

今回はずっとペアで行動しているわけではなく、<黒い牙>は純子、<盤端の迷宮>は榎本さんがメインの物語。

今後のふたりの距離感にも注目だね!

物語のラスト

今回は終わり方が独特だなという印象を持ちました。

どの物語でも、事件の真相が明らかになったと思ったら、スパッと終わります。

短編なので、あえて事件の顛末は書かずに潔く終わらせるのもアリだなと個人的には思いました。

前作の長編と比較するとボリューム感はかなり抑えられているので、サクサク読むことができます。

ただ、トリックは前作ほど複雑ではないので、物足りなさを感じる人もいるかも。

私のお気に入りは表題作の<狐火の家>

<黒い牙>はとにかく気持ち悪くて、思わず純子に同情してしまいました。

虫嫌いの方は要注意です!!

本の感想

『硝子のハンマー』のボリュームがすごかったので、今回も気合を入れて読み始めたら、まさかの短編小説でした。

 

<密室>を軸にした、毛色の異なる4つの事件。

 

前作よりは頭を悩ませるほど複雑なトリックもないので、サクサク読めます。

 

ダイヤモンドの一件のせいか、純子の榎本さんに対する態度が若干キツくなっている気がしました(笑)

 

犯罪者だとわかっていながらも、密室事件に関しては絶対の信頼をおいているというギャップがなんだか面白い。

 

今後榎本さんの過去は明らかになっていくのでしょうか?

 

引き続き、次作も読んでみたいと思います。

 

電子書籍はこちら⬇︎

この本の総評

読みやすさ
(4.0)
文章
(4.0)
ミステリー
(4.0)
キャラクター
(3.0)
総合評価
(3.5)

貴志祐介さんの他の作品

✳︎13のペルソナを持つ少女を描いたデビュー作⬇︎

【No.21】~わたしが話しているのは誰?衝撃のラストに震撼する~ 『十三番目の人格 ISOLA』 貴志 祐介(著)

✳︎『鍵のかかった部屋』シリーズ⬇︎

【No.109】〜“防犯探偵シリーズ第一弾” オフィスビルで起きた密室事件の謎を暴け!〜 『硝子のハンマー』 貴志 祐介(著) 【No.111】〜“防犯探偵シリーズ第三弾” 自殺?計画殺人?最高難度の密室事件を暴け! 〜 『鍵のかかった部屋』 貴志 祐介(著)

 

>>その他ミステリー小説はこちら

 

書籍をお得に買うには

 

Amazonでちょっとでもお得に書籍を購入するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめです。

現金でチャージするたびにチャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

今なら初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンがありますよ♪

 

ここをクリック

 

公式サイトはこちらから

 

※5千円以上の初回チャージで1000ポイント付与

※クレジットカード・電子マネー払いは対象外

 

 

電子書籍はこちら⬇︎