YouTubeはじめました♪

【No.109】〜“防犯探偵シリーズ第一弾” オフィスビルで起きた密室事件の謎を暴け!〜 『硝子のハンマー』 貴志 祐介(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『硝子のハンマー』 貴志 祐介(著)

嵐の大野智さんや戸田恵梨香さんなどの豪華俳優陣でドラマ化もされた、貴志祐介さんの原作第一弾。

最近がっつり頭を使うタイプのミステリーを読んでいないなと思い、読んでみました。

かなりのボリューム感がある作品です!

久々に本格的なミステリー小説を読んだ満足感でお腹いっぱい。

Kindle Unlimitedでこのシリーズ3冊が無料で読めますよ!

 

文庫本はこちら⬇︎

電子書籍はこちら⬇︎

本の概要(あらすじ)

「ガラス製のハンマーが、本当に危険な凶器になるのは、砕けてしまった後なんです」

 

日曜日の昼下がりに、事件は起こった。

 

上場を間近に控えた介護サービス会社・ベイリーフの社長が殺害されたのだ。

 

監視カメラにエレベーターの暗唱番号、強化ガラスに鍵のついた部屋。

 

犯人はどのように厳重なセキュリティを突破し、犯行に及んだのか?

 

弁護士と防犯コンサルタントのコンビが、密室で起こった殺人事件の謎に挑む!

3つの特徴

事件の概要

とあるオフィスビルの最上階で、会社社長が何者かに撲殺されていた。

 

犯行現場である社長室の廊下には監視カメラが設置してあるが、犯行時刻には誰も映っていない。

 

被疑者となっているのは、会社の専務。社長室と専務室が続き扉になっていることから、唯一カメラに映らずに社長室に入ることができる人物なのだ。

 

しかし、専務は犯行を強く否認している。

 

現場は本当に密室だったのか?他に侵入経路はなかったのか?

 

犯人は一体どんな手で厳重なセキュリティを突破し、社長を殺害したのかーー?

物語序盤は、オフィスビルの警備員と秘書の視点とを行ったり来たりしながら、臨場感たっぷりに進みます。

そして事件が発覚し、視点は弁護士へと防犯コンサルタントへ。

そこから後半までずっとふたりの謎解きの部分が続きます。

そしてやっと事件の真相へ・・・!と思いきや、視点はそこから犯人へ。

読者は事件のトリックを、犯人視点で解き明かされることになります。

犯人のバックグラウンドから動機、トリックの詳細まで丁寧に描かれています。

防犯コンサルタント×弁護士

密室殺人事件の解明に挑むのは、弁護士の青砥純子と、防犯コンサルタントの榎本径。

このふたりの組み合わせがなかなか良い味を出しています。

表向きは防犯ショップの店長で、裏の顔は泥棒という榎本の設定がおもしろいですよね。

ドラマ版だと、青砥純子役を戸田恵梨香さん、榎本径役を大野智さんが演じられていました。

ドラマと原作では微妙にキャラクター設定が違っていて、特に榎本は原作の方が人間味あふれているなという印象。

防犯コンサルタントとして純子と協力しながら、今後裏の顔でなにを企んでいるのかも気になります。

緻密なトリック

純子と榎本が、さまざまな仮説を立てて、ひとつずつ検証していく物語中盤。

可能性をみつけては潰して、また新たな突破口をみつけて・・・という地道な作業が大半を占めます。

ここをおもしろいと感じるか、周りくどいと感じるかはそれぞれかなと。

私はいろんな方向からアプローチして、実験をしたり検証したりする過程はけっこう楽しく読めました。

そして、散々いろんな可能性を考えさせられてきたにも関わらず、最後までトリックを見破れない。

現実的に可能かどうかは別ですが、トンデモ系ではないので安心してください。

多少の無理はありつつも、きちんと準備から実行まで緻密に練られているトリックでした。

犯人もトリックも、予想外の方向からくるので驚かされると思いますよ。

これ、見破れた人っているんですかね?いたらすごい!

本の感想

貴志さんのミステリーはあまり読んだことがなかったのですが、ボリュームがすごい。

 

ただ、読み始めると意外とサクサク読み進められました。

 

難しい部分や、うまく頭の中で想像できない部分に関しては、ある程度割り切って読みましたが。

 

すべてを完璧に理解しながら読もうと思ったら、とんでもなく時間がかかりそうです。

 

本格ミステリー 好きの方でも、充分満足できる内容だと思います。

 

純子の視点、榎本の視点、犯人の視点・・・とそれぞれの視点で描かれているので、多角的に事件を見ることができました。

 

特に犯人側の視点があるのとないのでは、かなり印象が違っていたと思います。

 

もちろん罪は償わなければいけないですが、犯人の境遇を知ってしまうと、なんとも複雑な心境になりますね。

 

榎本さんのその後も気になるので、さっそく続きを読んでみます!

 

文庫本はこちら⬇︎

電子書籍はこちら⬇︎

この本の総評

読みやすさ
(4.0)
文章
(4.0)
ミステリー
(4.0)
キャラクター
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

貴志祐介さんの他の作品

✳︎13のペルソナを持つ少女を描いたデビュー作⬇︎

【No.21】~わたしが話しているのは誰?衝撃のラストに震撼する~ 『十三番目の人格 ISOLA』 貴志 祐介(著)

✳︎『鍵のかかった部屋』シリーズ⬇︎

【No.110】〜“防犯探偵シリーズ第二弾” 旧家で起きた少女殺人事件の謎を暴け! 〜 『狐火の家』 貴志 祐介(著) 【No.111】〜“防犯探偵シリーズ第三弾” 自殺?計画殺人?最高難度の密室事件を暴け! 〜 『鍵のかかった部屋』 貴志 祐介(著)

 

>>その他ミステリー小説はこちら

 

スマホで読書をはじめよう

本を読みたいけれど、かさばるから持ち運びにくい、置く場所がない…とお悩みの方にはアマゾンの「Kindle」がおすすめ。

 

スマホやタブレットでいつでもどこでも気軽に読書を楽しむことができますよ。

 

Kindle Unlimitedのサービスでは、月額980円(30日間無料)で読み放題のタイトルもあるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

ここをクリック

 

公式サイトはこちらから

 

【読書術 No.5】『紙の本と電子書籍の使い分け』 【読書術 No.4 】単行本派?文庫本派?電子書籍派? それぞれのメリットとデメリット

 

 

 

 

文庫本はこちら⬇︎

電子書籍はこちら⬇︎