Kindle Unlimited 読み放題

【読書記録】2023年2月に読んだ本一覧(計4冊)

こんにちは、ぽっぽです。

昼間はだいぶ暖かくなってきましたね。

花粉症には辛い季節がやってきました。

2月は念願の「角川武蔵野ミュージアム」に行ってきたのですが、みなさんはもう行かれましたか?

見渡す限り本で埋め尽くされた空間はまさに至福なので、本好きの方はぜひ行ってみてください!

来月はもっとたくさん読めるといいなぁ……

読み放題なら「Kindle Unlimited」

【“Kindle Unlimited”のおすすめポイント】

  1. 30日間の無料体験で気軽に始められる!
    ▶︎まずは無料でお試しができる
  2. 月額980円で200万冊以上の本が読み放題!
    ▶︎いつでもキャンセル可能
  3. 好きな端末で本が読める!
    ▶︎Kindle、スマートフォン、ダブレット、PC等

まずは“30日間の無料体験”で気軽に始めてみましょう♪

 

公式サイトはこちら

2月に読んだ本

今月読んだ本は、全部で4冊。

詳しい内容や感想について知りたい方は、添付してある記事へどうぞ。

『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信(著)

created by Rinker
¥737 (2024/04/16 20:52:52時点 楽天市場調べ-詳細)

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」を軸にゆるく繋がる短編小説。

浮世離れした設定や慇懃な語り口、マニアックな伏線などを楽しめる一冊です。

「最後の一行の衝撃」にこだわった作品で、意味がわかると背筋がゾワっとする物語も。

不気味で残酷なダークミステリーです!

詳細はこちらをクリック

【ラスト一行の衝撃】夢想家のお嬢様たちによる暗黒ミステリ『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信(著)

米澤穂信さんのその他の作品

『名もなき本棚』三崎亜記(著)

created by Rinker
¥638 (2024/04/16 18:21:42時点 楽天市場調べ-詳細)

※随時更新予定

『鬼の跫音』道尾秀介(著)

created by Rinker
¥565 (2024/04/17 02:21:55時点 楽天市場調べ-詳細)

※随時更新予定

こちらもクリック

道尾秀介さんのその他の作品

『竜が最後に帰る場所』恒川光太郎(著)

created by Rinker
¥704 (2024/04/17 02:21:55時点 楽天市場調べ-詳細)

※随時更新予定

こちらもクリック

恒川光太郎さんのその他の作品

おすすめの一冊

今月のおすすめは米澤穂信さんの「儚い羊たちの祝宴」

 

日常の謎を描いた青春ミステリー路線とは真逆の、浮世離れした暗黒ミステリーでした。

 

読書サークル「バベルの会」を軸にゆるく繋がる短編小説ですが、独白形式で描かれる五つの事件は、どれもゾワっとする不気味さがあり。

 

お嬢様と使用人という古風な設定や慇懃な口調が、どことなく御伽噺的な雰囲気を漂わせていました。

 

今気づきましたが、今月読んだ本はどれも短編小説でしたね。

 

ホラー、ミステリー、ファンタジーとジャンルは様々ですが、とくに時間がない方におすすめなのは「名もなき本棚」。

 

二十ページにも満たないショートストーリーが19編も収録されているので、隙間時間に少しずつ読むことができますよ。

 

年度替わりで忙しい時期ですが、引き続きマイペースに読書を楽しみましょう♪

created by Rinker
¥737 (2024/04/16 20:52:52時点 楽天市場調べ-詳細)

2022年ベスト10

✳︎上半期のベスト10冊はこちら⬇︎

【2022年】上半期に読んだ本ベスト10を発表!

✳︎下半期のベスト10冊はこちら⬇︎

【2022年】下半期に読んだ本ベスト10を発表!

 

書籍をお得に買うには

 

Amazonでちょっとでもお得に書籍を購入するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめです。

現金でチャージするたびにチャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

今なら初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンがありますよ♪

 

ここをクリック

 

公式サイトはこちらから

 

※5千円以上の初回チャージで1000ポイント付与

※クレジットカード・電子マネー払いは対象外

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です