YouTubeはじめました♪

【No.134】〜“人は言葉を手で書いた” ちくまプリマー新書300冊記念作品〜 『雲と鉛筆』 吉田 篤弘(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『雲と鉛筆』 吉田 篤弘(著)

「ちくまプリマー新書」の記念すべき300冊目の作品。

とりとめのないささやかな物語のようで、ふと考えさせられる物語でもあります。

ゆったりとした時間の流れに身を任せ、静かで心地よい世界に心が癒されました。

大きなことが書かれた小さな本”です。

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥748 (2021/12/06 03:18:52時点 楽天市場調べ-詳細)

本の概要(あらすじ)

「人の「思い」は手で書かなければ意味がない」

 

屋根裏部屋に住み、鉛筆工場で働いている「ぼく」。

 

遠くの街へ出かけ、大きなものが書かれた小さな本を読み、友人とコーヒーを飲む。

 

鉛筆を削り、雲を描き、姉に手紙を書いて、人生について考える。

 

鉛筆は雲を描くために発明されたのかもしれないーー。

3つの特徴

屋根裏部屋の「ぼく」

小さな本棚と、古びた寝台と、子ども用の机と椅子がひと組みあるだけの、屋根裏部屋に住む「ぼく」。

部屋には水道が通っていないので、お茶を淹れるには薬缶をぶらさげて、炊事場まで水を汲みに行かなくてはならない。

(階段を百八十段も上り下りして!)

休日は遠くの街へ出掛けて、新しい本と古い本を買う。

姉に手紙を書き、川沿いの店で友人とコーヒーを飲み、「バリカン」の理容室で髪を切ってもらう。

たまには、気まぐれで絵を描いたりもする。

描くものはいつも、屋根裏部屋から見える<空>だ。

そんな「ぼく」の仕事は、鉛筆をつくること。

十七種ある部署の中で「ぼく」が働いているのは、<2B部>。

(文字通り、2Bの鉛筆だけを作る部署)

鉛筆工場で働くことを選んだ理由は、「鉛筆が好きだから」。

ぼくが絵描きになればいいと思っていた姉は、鉛筆工場で働くことをやんわりと反対していた。

けれど「ぼく」は、<雲と鉛筆>の関係について考える時間の方が、より愉しかったのだーー。

印象的な言葉

ここに描かれているのは、屋根裏部屋に住む「ぼく」の、とりとめのない日常。

その中にさりげなく、<人生において大切なこと>が散りばめられています。

決して押し付けがましくなく、お説教くさくなく。心にスッと入ってくる印象的な言葉たち。

タイトルでもある「雲と鉛筆」の魅力についてはぜひ本書で、吉田さん自身の言葉を読んでみてください。

「残されたものは、いつでもほんのひと握りで、本当は、残らなかったものの方に、自分が書きたかったことがあるように思う」

本の薄さからは想像できないほどの「奥深さ」を秘めた作品!

300冊記念

本書は、ちくまプリマー新書300冊記念作品。

ちなみに200冊目の作品は、以前ご紹介した『つむじ風食堂と僕』(月舟町シリーズ番外編)です。

小説を執筆するかたわらで、<クラフト・エヴィング商會>名義でちくまプリマー新書全ての装幀デザインを担当してきた吉田篤弘さん。

一冊ごとにデザインが異なるのが、ちくまプリマー新書の特色でもありますよね。

吉田さんの作品は小説だけでなくデザインもとても素敵で、本当に癒されます。

私は昔から単行本か文庫本しか読んでこなかったのですが、新書を読むようになったのは吉田篤弘さんの小説がきっかけ。

ちくまプリマー新書との出会いも、吉田さんの小説のおかげなのです。

300冊記念にあたっての想いが「あとがき」に綴られているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

本の感想

「日常」と「非日常」の間にあるような、100ページちょっとの短い物語。

 

静かで、ゆったりとしていて、どこか幻想的で。

 

まるで異世界に入りこんでしまったかのような、不思議な感覚のする作品です。

 

移りゆく雲のようにどこか掴みどころがなく儚げで、何度も何度も読み返してしまいました。

 

思わず立ち止まって考えさせられてしまう箇所もたくさんあり、まさに“大きなことが書かれた小さな本”

 

とりとめがないのに奥深く、淡々としているのに柔らかい、癒しの一冊。

 

吉田さんファンには外せない作品です。

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥748 (2021/12/06 03:18:52時点 楽天市場調べ-詳細)

印象に残った言葉(名言)

「読むことは書くことだと思う。読まなければ書くことは生まれてこない」

 

「永遠に留まるものなど、この世にはない」

 

「すべての本は、子供たちのために書かれるべきだと思う」

 

「君はたぶん、何かと何かのあいだにあるものが好きなんだよ。人生には、そうしたものを愛でる時間というのがあるーー」

 

「人生には『見つける』ではなく、もっといい言葉がある。『気づく』という言葉だ。そいつはたいてい自分の内側からピンっと音をたててあらわれる。『見つけた』ものは自分の外にしかないが、『気づいた』ものの多くは自分の中にある」

 

「壊れたものには、動いているものと違う美しさがある」

 

「壊れてしまったものは悲しいものではないのだと、この歳になって、ようやく知りました」

この本の総評

読みやすさ
(5.0)
デザイン
(5.0)
雰囲気
(5.0)
癒し
(5.0)
総合評価
(5.0)

吉田篤弘さんの作品

その他の吉田篤弘さんの作品はこちら

 

書籍をお得に買うには

 

Amazonでちょっとでもお得に書籍を購入するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめです。

現金でチャージするたびにチャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

今なら初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンがありますよ♪

 

ここをクリック

 

公式サイトはこちらから

 

※5千円以上の初回チャージで1000ポイント付与

※クレジットカード・電子マネー払いは対象外

 

 

文庫本はこちら⬇︎

created by Rinker
¥748 (2021/12/06 03:18:52時点 楽天市場調べ-詳細)