YouTubeはじめました♪

【No.36】~本好きの人に読んでほしい、本の魅力が詰まった9つの物語~ 『さがしもの 』角田 光代(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『さがしもの』 角田 光代(著)

角田さんの小説の中でも特に好きな作品です。

本好き、読書好きの方は、ぜひ読んでみてください。

 

本好きの方におすすめの一冊です。

 

本の概要(あらすじ)

「あんたがその本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」

 

入院しているおばあちゃんに頼まれた一冊の本を探し続ける少女の物語『さがしもの』

 

十八歳のときに売った本と何度も旅先で再会する『旅する本』

 

初めての恋人にチョコレートではなく大好きな本を贈る『初バレンタイン』 他

 

本にまつわる9つの物語を詰め込んだ短編小説。

 

あなたは本と、どんなお付き合いをしていますか?

 

3つの特徴

「旅する本」

昔売った本と、思わぬ再会をはたす女性の物語。

卒業旅行でネパールに一人旅に出た女性は、古本屋で昔自分が手放した本と再会します。

本の最後のページに、Kの文字と小さな花の絵が書いてある、間違いなく自分が売った本。

女性は迷った挙句、何かの縁と思い、その本を買います。

あらためてその本を読んでみた女性は、自分が思い違いをしていたことに気がつきます。

おだやかな日常を綴った青春系の本だという印象を持っていたが、そうではなく、途中からいきなりミステリの様相をおびはじめ、緊迫した場面がいくつも続く。

その本を、彼女はカトマンズでもう一度売ります。

そして三度目にその本と再会したのは、アイルランドの学生街にある古本屋でした。

まさかと思いつつ最後のページをめくると、そこにはかすれかけのイニシャルと、小さな花の絵が。

信じられない思いのままその本を買い、もう一度読んでみました。

本はまたもや意味をかえているように思えた。ミステリのように記憶していたが、そうではなく、日々の断片をつづった静かで平坦な物語だった。若い作者のどこか投げやりな言葉で書かれた物語のように記憶していたが、単語のひとつひとつが慎重に選び抜かれ、文章にはぎりぎりまでそぎ落とされた簡潔な美しさがあり、物語を読まずとも、言葉を目で追うだけでしっとりと心地よい気分になれた。

そして女性は気がついたのです。かわっているのは本ではなく、自分自身なのだと。

何度手放しても、遠くに行っても、自分の痕跡を残した本は、自分だけのたった一冊の本へとかわる

そんな古本ならではの魅力が伝わってくる物語でした。

 

「彼と私の本棚」

同棲していた恋人との別れの物語。

「好きな人ができたから、きみとはいっしょに暮らせないんだ」

梅雨のある日、ハナケンはそう言います。

ハナケンと出会ったのは五年前。短期のアルバイトで出会い、一年と少し交際をして、いっしょに暮らし始めました。

驚くほど本の趣味が合うふたり。

ハナケンから別れをきり出されたとき、「私」はハナケンにではなく、”共通の本”に裏切られた気がしました。

平然と振る舞う「私」でしたが、本とともに思い出されるふたりの時間。そして「私」は気づきます。

だれかを好きになって別れるって、こういうことなんだとはじめて知る。本棚を共有すること。記憶も本もごちゃまぜになって一体化しているのに、それを無理やり引き離すようなこと。自信を失うとか、立ち直るとか、そういうことじゃない。すでに自分の一部だったものをひっぺがし、永遠に失うようなこと。

ハナケンのことで泣いたのはそれがはじめてでした。

でも、泣いたっていい。だってそれだけたくさんのものを失ったのだから。

そして明日、新しい本棚を買いにいこう。カーテンよりもベッドよりも先に。声を上げて泣きながら、私はそう決める。

少し切ないけれど、ぐっとくる物語。

どんなに本棚の本が似ていても、恋は終わる。

でも、本とともに共有した時間は、きっとなくならない。

 

「不幸の種」

元恋人が「私」の本棚でみつけた、見慣れない、誰のものかもわからない一冊の本。

「この本は不幸の種かもしれない」

「私」はその本を「恋人に渡してほしい」と、別れた恋人の彼女で自分の親友でもある「みなみ」に渡します。

しかし結局、みなみがその本を恋人に渡さなかったことを知ったのは、ずっと後のことでした。

疎遠になっていたみなみと再会し、近況をきいて驚く「私」

就職した会社は倒産、二度の結婚と、二度の破局。波乱に富んだ人生でした。

そのとき「私」はあの一冊の本を、みなみがまだ持っていたことを知ります。

難解でおもしろいとは言えないその本を、なぜまだ持っているのかときく「私」にみなみはこういいます。

「それがね、二十二歳で読み返したら、書かれていることが少し、わかったの。二十四歳で読み返したら、またもう少しわかった。二十五歳で読み返したときは、ある箇所で心から泣いちゃった」

そして、その本のせいで不幸が舞いこんだのだと言う「私」を、みなみは笑います。

「私にしてみればそんなに不幸じゃないのよね」と。

そして帰り際、「私」はみなみからその本を受け取ります。

不幸の種になるのかそうでないのかはわからないけれど、単純にみなみの話を聞いて読んでみたくなったのです。

それからさらに五年後。

あのときみなみが言っていたことが私にもわかる。この古びた難解な、だれのものだかわからない本は、年を経るごとに意味が変わる。自分が今もゆっくり成長を続けていると、知ることができのだ。

そして交際をはじめた恋人にこういいます。

貸してあげる、ちょっと読みにくいかもしれないけど、すごくおもしろいの。貸してあげるけど、返してね、とくべつな本だから。

「不幸の種」だと思っていた本が、自分にとって「とくべつな本」へとかわる、素敵なラストでした。

同じ本を何度も読むことで、自分の変化や成長に気づくことができる。

そんな読書の魅力を、この物語は伝えています。

 

本の感想

短編小説なのでわりとあっさりしていますが、今まで読んだどの作品よりも共感できて、純粋に好きだなと感じた作品です。

 

本好きの方なら特に共感できる部分がたくさんあると思います。

 

私は、ここまで本の魅力について描いてある小説とははじめて出会いました。

 

9つの物語の中で、本そのものが持つ魅力や、本を読む喜びが、さりげなくちりばめられています。

 

著者のあとがきにも思わず頷いてしまう部分がたくさんあって、”ほんとうに本が好きなんだな”と嬉しくなりました。

 

著者自身の「本とのつきあい方」を、この小説を通して垣間見ることができます。

 

読むたびに「本っていいな」「本と出会えてよかったな」とあらためて実感させてくれる一冊です。

 

 

角田光代さんの他の作品

【No.15】~恋でも愛でもない感情の行き着く先は?~ 『愛がなんだ』 角田 光代(著) 【No.25】~悩みながらもひたむきに生きる女性を描いた小説~ 『薄闇シルエット』 角田 光代(著) 【バレンタイン編】~大切な本を贈るバレンタイン~ 『さがしもの ー初バレンタインー』角田 光代(著)

 

印象に残った言葉(名言)

「おなかが空いたってまずしくたって、人は本を必要とする」

 

「まったくおそろしいことだと思うが、恋人にふられても、こっぴどく傷ついても、毎日はおんなじようにやってくる」

 

「私の思う不幸ってなんにもないことだな。笑うことも、泣くことも、舞い上がることも、落ちこむこともない、淡々とした毎日の繰り返しのこと。そういう意味でいったら、この本が手元にあったこの数年、私は幸せだったと思うけど」

 

「だってあんた、開くだけでどこへでも連れてってくれるものなんか、本しかないだろう」

 

「死ぬのなんかこわくない。死ぬことを想像するのがこわいんだ。いつだってそうさ、できごとより、考えの方が何倍もこわいんだ」

 

 

この本の総評

読みやすさ
(5.0)
共感
(5.0)
(5.0)
個性
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

 

>>その他短編小説はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です