YouTubeはじめました♪

【No.7】~読めば必ず、心揺さぶられる~ 『イノセント・デイズ』 早見 和真(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『イノセント・デイズ』 早見 和真(著)

 

早見和真さんの小説を読むのは初めてで、この小説がドラマ化されていることも、読み終えた後で知りました。

「暗い」「絶望」「救い」・・・そんな言葉で片付けられないくらいの、言葉の先にある”何か”を、最後まで読んで感じました。

うまく伝えることができないけれど、とにかく読んでほしい。

本当に切実に、たくさんの人に手にとってほしい、読んでみて考えてほしい。

 

 

読めばきっと、”自分の価値観が変わる” そんな一冊でした。

 

 

本の概要

 

元恋人の家に放火し、妻と双子の娘の命を奪った罪により、田中幸乃に下された判決は、死刑。

 

 

凶悪な犯行の背景には、一体何があったのか。

 

 

義理の姉、医者、幼なじみ、親友、元恋人の友人、刑務官・・・

 

彼女の半生に関わった人物たちの回想により、幼少期から事件に至るまでの彼女の背景に迫る。

 

 

事件の裏に隠された、あまりにも哀しい真実と彼女の意志とは・・・。

 

田中幸乃が死刑宣告をうけるところから、物語ははじまる。

章を追うごとに明かされる、彼女の過去と孤独の影。

語り手によって揺らぐ、真実と闇

正義とは何か、真実はどこにあるのかーー

 

本の感想

悲惨な事件のニュースを見た時、私は本当に自分の頭で考えることをしていただろうか?

 

報道やネットでの断片的な情報や、根拠のない憶測、薄っぺらい正義感。

 

真実なんて、本人以外の誰にもわからない。だからこそ、目に入る情報だけを鵜呑みにし、それが真実であるかのように思い込む。

 

でも、本当にそれでいいのか?そういう社会が、哀しい事件を引き起こす要因のひとつではないのか?

 

改めてそう感じてしまう作品でした。

 

ここではネタバレを控えるために、詳しい感想は控えますが、

 

重たい内容にもかかわらず、ラストまでページをめくる手が止まりませんでした

 

真相を知りたいという思いはもちろん、それ以上に「幸乃を信じたい」「幸乃を救いたい」という思いがどんどん強くなり、切実な願いに変わっていったからだと思います。

 

この小説を読んで感じることは人それぞれだと思いますが、たくさんの人が何かを考えるきっかけになるはずです。

 

 

印象に残った言葉

「犯罪者を「自分とは違う生き物」と断じられるのはどうしてか。たまたまいつか雨が降らなかったから、自分たちは平々凡々と生きてこられただけかもしれないのに。」

 

「彼女が死ぬために生きようとする姿を、この目に焼き付けなければならなかった。」

 

「もし本当に私を必要としてくれる人がいるんだとしたら、もうその人に見捨てられるのが恐いんです

・・・死ぬことよりずっと恐いことなんです」

 

「なんかいかにもだなってさ、私も間違いなくそう思ってたんだ。何も知らないくせに。自分勝手にきめつけて」

 

この本の総評

読みやすさ
(4.0)
社会性
(5.0)
ミステリー
(3.0)
読了感
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

 

>>その他ミステリー小説はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です