YouTubeはじめました♪

【No.24】~美味しくて優しい、グルメミステリー~ 『ビストロ三軒亭の謎めく晩餐』 斎藤 千輪(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『ビストロ三軒亭の謎めく晩餐』 斎藤 千輪(著)

初見の作家さんでしたが、Amazon Kindleで無料だったので、試しに読んでみました。

気軽に読めるので、ちょっとした隙間時間に読むのもおすすめです。

美味しそうな料理の数々に癒されます。

 

 

本の概要(あらすじ)

「この店は、普通じゃないーー」

 

三軒茶屋にある小さなビストロ「三軒亭」。

 

料理は本格派。サービスは規格外。どんな事情の客も大歓迎。

 

さまざまな事情を抱えた客たちを美味しい料理で癒す、グルメミステリー!

 

1.  〜アントルコート〜 ケーキの箱を持ち歩く謎の女性

2. 〜ダンドォーマロン〜 友達の笑顔の裏に隠された嫉妬

3. 〜ラクレット〜 3人の魔女たちが抱える事情

4. 〜キッシュ・ロレーヌ〜 シェフの過去と、キッシュに隠された秘密

 

3つの特徴

ユニークなビストロ

ビストロ「三軒亭」には、決まったメニューはありません。

客の好みを聞いて、シェフがそのテーブルだけのオリジナルコースを作ってくれる、”オーダーメイドレストラン”なのです。

店のコンセプトは、”楽しく食べてもらう”こと。

テーブルごとに担当のギャルソンを指名できるのも、三軒亭ならではのこだわり。

料理やレストランをテーマにした小説が数ある中、この作品ならではのユニークな設定が読者を惹きつけます。

 

個性的なのに、クセがなく読みやすい

お店のコンセプトも個性的ですが、そこで働く従業員たちもまた、個性豊か。

シェフである伊勢優也は、名探偵アポロ好きの敏腕シェフ。

ソムリエ兼バーテンダーの室田重は、厳つい顔でオネエ言葉を話す、縁の下の力持ち。

ギャルソンの藤野正輝岩崎陽介は、端正な顔立ちと個性的なキャラクターから多くの指名客をを持つ頼れる先輩。

そして主人公の神坂隆一は、姉の紹介でギャルソンとして働くことになった、元セミプロの舞台役者。

個性的でありながらも、主張が強すぎることはなく、クセがなく読みやすい作品です。

 

ひとりひとりに寄り添った料理

ビストロには、事情や悩みを抱えているお客さんたちがやって来ます。

そんな彼らの抱える謎を解き明かし、最後は心に寄り添った料理で癒してくれます。

仲違いをしてしまった二人には、彼女たちの思い出の香り、栗を使った ”ダンドォーマロン(七面鳥の栗詰め)”

過食症で味覚を失ってしまった女性には、味覚を取り戻すために必要な亜鉛が豊富な ”牡蠣のラクレット”

ミステリーと料理と優しさがひとつに合わさって、あたたかい物語になっています。

 

 

本の感想

表紙のおいしそうな絵に惹かれて読んでみた作品ですが、バランスのいい内容だなと思いました。

 

お店・従業員・客はそれぞれ個性的な設定になっていますが、それぞれの良いところが少しずつ出ていて、嫌な人がいないところも良かったです。

 

ミステリーというよりは、軽い謎解きくらいの内容なので、ミステリー初心者でも楽しく読めると思います。

 

主人公が三軒亭で出会う人々や、料理を通して成長していく過程も垣間見ることができます。

 

”料理” ”ミステリー” ”成長物語”

 

いろんな要素がそれぞれの枠を超えて、ひとつの物語として楽しめる、そんな作品でした。

 

 

created by Rinker
¥704 (2020/09/22 04:06:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

印象に残った言葉(名言)

「選ばれなかったんじゃなくて、キミがそれを選ばなかったのかもしれない。自分が意識していない、心の奥深くで。本当は、選ばれてしまうのが怖かったから。それをやり遂げる自信がなかったから」

 

「自分が出したい料理じゃなくて、相手が食べたい料理を出す。そんな店にしたかったんだ」

 

「俺たちは、命あるものを体内で消化することで、肉体を維持しているんだ。無駄になどせず、大事に食べて、命を繋いでいかないとな」

 

「脳は味覚よりも、視覚や記憶の情報を優先する。たとえば、赤くしたサーモンの切り身をマグロだと言われて食べれば、味もマグロだと感じるそうです。高級な食材の方が美味しく感じるのも、高いものは美味しいという情報がインプットされているから。要は、思い込みですよね」

 

 

斎藤千輪さんの他の作品

次に読むのはこちら⬇︎

【No.33】~美味しくて優しい、グルメミステリー第二弾~ 『ビストロ三軒亭の美味なる秘密』 斎藤 千輪(著)

他の作品⬇︎

【No.60】〜”占い✖️ミステリ” 凸凹占いユニットが、あなたの謎を解き明かします!〜 『窓がない部屋のミス・マーシュ 占いユニットで謎解きを』 斎藤 千輪 (著)

 

この本の総評

読みやすさ
(5.0)
おもしろさ
(3.0)
ミステリー
(3.0)
癒し
(4.0)
総合評価
(3.5)

 

created by Rinker
¥704 (2020/09/22 04:06:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

>>その他ミステリー小説はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です