YouTubeはじめました♪

【No.16】~美しい闇の世界にひそむ衝撃の事実~ 『この闇と光』 服部 まゆみ(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『この闇と光』 服部 まゆみ(著)

直木賞候補にもなっていたこの作品は、ジャンルでいうとミステリー小説に分類されるようですが、わたし的には

大人のメルヘン ❌ ミステリー

かなと思いました。

この作品に関しては、何を書いてもネタバレになってしまいそうなので、内容について深く書かないようにします。

 

なにも先入観を持たないまま読んだほうが、より楽しめると思います。

 

created by Rinker
¥616 (2020/06/04 20:04:25時点 楽天市場調べ-詳細)

 

本の概要(あらすじ)

「むかしむかし、あるところに、盲目の小さな王女様がいました」

 

父上とともに森の奥深くに囚われている盲目の王女レイア。

 

父上からの深い愛と、美しい花やドレス、物語にかこまれてレイアは成長していく。

 

しかし、そんな愛と光に満ちた生活は、ある日突然終わりを告げるーー

 

 

美しく幻想的な世界にひそむ闇。虚構と現実。今まで信じていたものは一体・・・?

 

3つの特徴

幻想的で美しい世界

レイアが囲まれている世界は、とても美しく幻想的です。

薔薇色のドレス、中庭でのピクニック、クラシック音楽、たくさんの物語。

まさにそこは、おとぎ話の中のような世界です。

そんな世界でレイアは、すくすくと育っていきます。

指で文字を読めるようになり、数の概念を理解できるようになり、ピアノを弾けるようになる。

ずっと続くと思っていた日々。

しかし、ある日突然、世界は一変するーー

 

文学・美術・音楽などの芸術要素

この作品には、さまざまな物語や絵画、音楽などの芸術的要素が含まれています。

前半は物語や音楽。

「赤頭巾」「いばら姫」「白雪姫」「ラプンツェル」「小公女」「青髭」「嵐が丘」「罪と罰」「草枕」「デミアン」・・・

たくさんの童話や海外文学が、レイアの世界を彩ります。

中盤からはおもに絵画。

「ランブール兄弟」「レオナルド・ダ・ヴィンチ」「ハンス・ベルメール」「サルバドール・ダリ」・・・

主人公が憧れとして心に刻んでいた画家たち。

著者自身、現代思潮社美学校で銅版画を学んでいた経歴があり、芸術に長けている方のようです。

私は芸術方面はさっぱりですが、詳しい方はより深く物語を楽しむことができそうです。

 

幻想的な世界の崩壊からの大どんでん返し

幻想的な世界から突然、物語は一変します。

ここで言えるのは、これだけです。

予測不可能とまでは言いませんが、裏を読まずに純粋に読んでいくと、まさかの展開に衝撃を受けること間違いなしです!

 

 

本の感想

著者の作品ははじめて読みましたが、今までに読んだことのない世界観と構成でした。

 

前半はおとぎ話のようなメルヘン要素満載で、幻想的な世界で成長していくレイアの話。

 

中盤は、前半を根幹からひっくり返してしまうほどの大どんでん返し。

 

後半は、中盤からのさらにどんでん返し。

 

最後まで一気に読んでしまいました。

 

個人的には、最後がちょっと弱いかな・・・。

 

 

ミステリー好き、海外文学好き、メルヘン好き。いろんな人が楽しめる要素が詰まった一冊です。

 

 

印象に残った言葉(名言)

「目の前ではなく、頭の中で、青が広がり、黄色が広がり、赤が広がる」

 

「世界は光と闇で出来ている。それを薄々知りながら、それでもなおかつ決して闇を視ようとしない人々・・・注意深く避け、無視しようとする人々のことだ。それは自身の暗い部分から、目を逸らすことでもある。そして一旦それに気づいた者は、もう光だけを視ることはできない」

 

「闇の中に在って、世界は何と美しく輝いていたことだろう!」

 

「いとしい娘・・・私のラプンツェル・・・厭わしい世も、世俗に塗れた人間どもも、おまえを穢すことはできない。ここは・・・離宮・・・ネヴァーランドの魔法の塔だ」

 

「そこに居るのはアブラクサス・・・闇と光の神だった」

 

この本の総評

読みやすさ
(4.0)
メルヘン
(4.0)
芸術
(4.0)
ミステリー
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

>>その他ファンタジー小説はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です