YouTubeはじめました♪

【No.3】~芥川賞受賞作!あなたは≪普通の人≫ですか?~ 『コンビニ人間』 村田沙耶香(著)

こんにちは、ぽっぽです。

今日の一冊はこちら↓

『コンビニ人間』 村田沙耶香(著)

この本は、第155回芥川賞を受賞した作品で、一時期メディアでも話題となっていました。

芥川賞というと、純文学でとっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、この作品は

芥川賞受賞作の中でも特に読みやすい部類に入るのではないでしょうか。

 

自分の価値観や、「普通」とは何なのかを改めて考えさせられる一冊です。

 

created by Rinker
¥638 (2020/09/23 20:03:52時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

本の概要

主人公<古倉恵子>は、コンビニバイト歴18年の36歳未婚女性

 

「コンビニ店員」でいるときだけ、世界の歯車になれる。

 

子どもの頃から「普通」がわからず、社会になじめなかった恵子。

 

完璧なマニュアルに沿ってコンビニで働いているときだけは、世界の正常な部品になれたのだと思えるのだ。

 

ある日、恵子が働くコンビニに、婚活目的の男性<白羽さん>がバイトとして入って来た。白羽さんはコンビニで働く人間を「底辺」だと見下し、周囲の人間に対して否定的な言葉を吐き出す。

 

しかし、実は彼もまた「普通」であることに強いコンプレックスを抱えていて・・・。

 

物語は、恵子が「コンビニ店員」として世界の部品になった経緯からスタートします。

子どもの頃の恵子の行動や思考は、奇妙で歪んでいるように見えますが、「普通」という概念を取り払って見てみると、妙に納得できる部分もあります。

日々コンビニで働き、眠れない夜はコンビニを思い浮かべて安らかな眠りにつく。朝になれば店員に戻り、また世界の歯車となる。

そんな恵子の日常が変化するのが、新人アルバイトの白羽さんの登場です。

社会になじめない、他人から干渉されることに嫌気がしている、という点では共通している2人。

自意識が薄く全てにおいて淡白な恵子に対し、自意識過剰で攻撃的な白羽さん。

共通するものを持ちながら正反対な2人を関わらせることにより、より周囲の人たちの「人間味」が際立ってエグさを増しています。

 

物語の最後をハッピーエンドととるかバットエンドととるかは、あなたしだい。

 

 

本の感想

 この物語は、「不気味さ」「おかしさ」「エグさ」など、様々な要素が含まれている作品だと思いました。

 

恵子の独特の感性で語られる視点は「不気味」で味わい深く、白羽さんとのやりとりはどこか「滑稽さ」が感じられます。

 

周囲の普通の人たちが発する言葉には受けつけがたい「エグさ」があります。

 

「正常」と「異常」の境界はどこにあるのか、自分はどちら側に立っているのか。現代社会は本当に多様な生き方を受け入れているのか。

 

普通」とは何なのかという普遍的なテーマを、エキセントリックな内容で鋭く切り込んでいる作品でした。

 

 

created by Rinker
¥638 (2020/09/23 20:03:52時点 楽天市場調べ-詳細)

 

印象に残った言葉

「そのとき、私は、初めて、世界の部品になることできたのだった。私は、今、自分が生まれたと思った。世界の正常な部品としての私が、この日、確かに誕生したのだった。」

 

「皆、変なものには土足で踏み行って、その原因を解明する権利があると思っている私にはそれが迷惑だったし、傲慢で鬱陶しかった。」

 

「正常な世界は、とても強引だから、異物は静かに削除される。まっとうでない人間は処理されていく。」

 

この本の総評

読みやすさ
(4.0)
おもしろさ
(3.0)
個性
(5.0)
共感度
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

created by Rinker
¥638 (2020/09/23 20:03:52時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です